1 : DIARY「おや・まぁ・へぇ」

« 「森村泰正昌-美の教室,静聴せよ」展 | メイン | 太地喜和子さんのこと »

念願の人に会えました\(*^▽^*)/

横浜美術館見学の後、長年の友人であるエバリン・コーベット嬢と一緒に、横浜のクリフサイドで開催された「ザ・ダンパ」に行って来た。
因みに昔ダンス・パーティーのことを、「ダンパ」と云ったのです。

1960年代の音楽が始まると、参加者は1曲目からノリノリだ。

演奏も、ワイルドワンズの鳥塚繁樹さん
20070907f01_2.jpg

ヴィレッジ・シンガーズの小松久さん
20070907f02_2.jpg

そしてゲストシンガーに、ブロードサイドフォーの黒澤久雄氏
20070907f03_2.jpg
と、実に豪華なメンバーが揃っての演奏だった。

そして特別ゲストが、おもちゃ博物館館長で有名な《北原照久氏》であった。
20070907f04_2.jpg

この人が僕にとって表題の、念願の人だったのだ!!
http://www.morion.co.jp/nakamura/4_profile/


何故なら彼は、僕と誕生日が全っく同じだからだ。
と云うことは・・・生年月日を書く時には、必ず同じことを書いてきたのだから、これは大変な偶然と云うか、巡り合わせなんですよ!!


彼が出演してからは盛り上がる一方で、お客様の内には、安藤和津さんの姿もあった。(舞台右の女性)
20070907f05_2.jpg

最後の方で「ロコモーション」が始まると、見知らぬ人達が皆前の人の肩に手を置いて、昔のリズムを刻む。

20070907f06_2.jpg
驚いたねぇ・・昔の青年とお嬢さん達のパワーには!!

参加者の大部分の方が、60歳前後の人達だっただけに、この年代のパワーを、定年と云う一括り(ひとくくり)で退職させてしまうのは、いかにも勿体ない気がした。

そして待望の・・・ご対面!!
20070907f07_2.jpg
これを機会に、彼と友達になれれば良いなぁと願っている處であります。
何故なら僕が、「130の会」(1月30日生まれの人達の会)を、勝手に作っているからだ。
今までエバリン嬢と楠本さんと上原先生と皆川さんに松橋君と小生の6名だったものが、これで7名になったのです。

後は、歌手の柳ジョージ氏(レイニー・ウッズ)と知り合いになれるのを目指していますので、どなたか柳さんのお知り合いがおられましたら、是非僕にご紹介下さい。
柳さんもまた、生年月日が僕と同じなのです!!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.morion.co.jp/nakamura/mt-tb.cgi/86

コメント

私はまだ誕生日が全く同じという方にお会いしたことがありません・・・そんなにいるものなのかな?^^;さすがカメラがいいだけあったてキレイにとれてますね!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)