1 : DIARY「おや・まぁ・へぇ」

« 『子どもは天才!』写真展を観てきた!! | メイン | 念願の人に会えました\(*^▽^*)/ »

「森村泰正昌-美の教室,静聴せよ」展

横浜美術館に行って、森村泰昌氏の展覧会を観て来た。

この人は変わった人で、昔の有名な絵画の中に、自分を入れた写真を撮っている。

20070907f01_1.jpg
これは、ゴヤの愛人であったアルバ侯爵夫人を描いたもので、
20070907f02_1.jpg
本物は指を指した地面に、「SOLO GOYA」と描かれているのだが、上の写真にはそれがない。

こうして見比べると判断出来るけれど、森村さんの作品だけを知らない人が見たら、本物と見間違う程、とても良く出来ている。

その中でも優れているのは、フェルメールの作品だ。

20070907f03_1.jpg
これは、中の婦人も画家も、全て森村氏がこの絵画を分析して、その当時の衣装を作り、机の位置関係、カーテンから後ろの背景の地図に至る迄、全て再現した作品なのだ。

20070907f04_1.jpg
どうです・・・本物と比べても、中々の出来映えであることが解ります。

実際には、この様に作られている様です。
20070907f05_1.jpg

最後に、モナリザです。

20070907f07_1.jpg
左が森村氏で、右が僕のだ。
如何でしょうか!? 
気持ち悪いよね(>_<。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.morion.co.jp/nakamura/mt-tb.cgi/85

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)