1 : DIARY「おや・まぁ・へぇ」

« 櫻井秀勲先生について | メイン | 『子どもは天才!』写真展を観てきた!! »

久しぶりに、鳥肌が立った

先ずこの写真をご覧下さい。

20070811_f01.jpg
チラシを観た時には合成写真かと思ったものの、兎に角このシーンに惹かれ、「アクロバティック 白鳥の湖」の内容も解らないまま、観に行ってしまった。

そうしたら、全編これでもか、これでもかと云う程のアクロバットの連続で、ビックリしてしまった。

特にこの写真については、実際にやるとしても、命綱がついて行われると思っていたら、とんでもない!!

20070811_f02.jpg
これは練習風景だが、深い信頼関係のご夫婦だからこそ、命綱なしでも出来るのだと知った。

お二人が練習を始めた時には、彼の肩の肉がトウシューズでえぐれて、骨が見える位になったそうだ。
そして15年の歳月を掛けて漸く肩の上で立てる様になったら、今度は頭の上に立つ努力をして、4年掛かって遂に完成したのだそうな。

20070811_f03.jpg

兎に角素晴らしいので、8月19日(日)迄渋谷のオーチャードホールで開催してますし、何故か空席も目立ってありましたので、是非お奨めしたいと思い、書きました。


因みに行けない方には、次のページから、動画をご覧下さい。
http://www.bunkamura.co.jp/broadband/movielist/movie_orchard.html#orchard_acrobaticswan
一番上の「アクロバティック 白鳥の湖」 2007ハイライトと、下に行って、「アクロバティック 白鳥の湖」ポスター撮影風景とを、是非観て下さい!!

来年の北京オリンピックでの中国チーム・・・恐るべしを感じた「ショウ」だった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.morion.co.jp/nakamura/mt-tb.cgi/83

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)