« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月11日

4月11日(火)

こんな僕のブログでも、結構楽しく観ていて下さる方が増えている様で、実に有り難いことです。

そのご期待に添うべく、書く時間がない時には、僕が今まで撮って来た写真に俳句を付けた、『フォト俳句』を載せて行きたいと思います。

『フォト俳句』の狙いは、呆けない為です。

撮った写真に、自分なりの想いを、五・七・五にすれば良いのですから、簡単です。

と云うことで、御同輩には勿論、若い方々にも、是非お奨めです。

僕でも出来るのですから・・・仲間が増えると嬉しいことです。


では先ず2003年の9月に、四国を半周した時の写真からです。


これは9月19日(金)羽田からの飛行機で徳島に着き、その後午後3時に出発して、午後7時に着き、良く眠った翌朝の景色です。

morionphoto060413_f02.jpg

着いた時には、真っ黒で景色は何も見えない状況でした。

morionphoto060413_f01.jpg

これが四万十川の源流と云われている処です。

2006年04月06日

若者と熟年の方々へ

morionphoto060406_f01.jpg

「若者叱るな、来た道じゃ!!」


morionphoto060406_f02.jpg

「年寄り笑うな、行く道じゃ!!」


何かを感じて頂ければ、幸いです。


因みに2枚とも、先月後楽園で撮ったものです。

2006年04月01日

雨晴海岸

3月18日に、折角富山県の高岡に来たのだからと、朝4時半に起きて「雨晴海岸」に行って来た。

この季節は風が強く吹くので、くっきりと稜線が見えて、良い写真が撮れるはずとの触れ込みで、勇んで出掛けました。

しかし風が無く、日の出なのに、こんな写真しか撮れませんでした。

morionphoto060401_f01.jpg

雲の切れ間からの日の出なのではなく、山頂からの日の出なのです。


ここは、次の写真の様に、海から一気に3,000mの高さの山まで見えるのは、世界でもここ雨晴海岸だけなのです。

morionphoto060401_f02.jpg

この写真は、恥ずかしながら写真を撮った写真です。


全景は、こんな感じです。

morionphoto060401_f03.jpg

morionphoto060401_f04.jpg

この2枚は、2005年4月に撮りました。